メルカリでKindleを売るときに保証の譲渡は不要だった

テックマークジャパンの商品ページを見る限り、保証の第三者への譲渡は問い合わせが必要と記載されていたが、結果的には不要との回答だった。ただ結構オペレーションがガタガタそうだったので本当に不要かは若干怪しく、あくまで自己責任でお願いします。

事の顛末

本来は以下のように書かれているので、 0120-899-090 (24時間対応 年中無休)に電話したが、確認してメールで回答するとのこと。

本保証は保証対象商品とあわせて第三者に譲渡が可能です。もちろん、譲渡にかかる費用は無料です。下記のテックマークジャパン カスタマーセンターへご連絡ください。

https://amzn.to/3g0vPFw

すると下記のメールが来て端末に紐付いているようだ。Kindleの保証サービスはAmazonアカウントのコンテンツと端末の管理>端末にて紐付けが確認できるそうで(初期化後は端末欄から消えてしまうらしい)、基本はAmazonアカウントと紐づくそうだが、メルカリなどで売る人が増えたためか端末のシリアル番号などと紐付けて管理しているように思える。

テックマークジャパンからの回答メール

なお 0120-899-542 / 011-330-6457 の方に欠けてしまうとAmazonの人に繋がってしまい、日本語や保証の譲渡についての話が通じないばかりか、結局は先のテックマークジャパン側の電話番号側に欠け直すことになる。

保証期間の詳細について

余談だが、この保証内容が少しわかりにくい。もし「Kindle Paperwhite (第10世代)用 延長保証・事故保証プラン (2年・落下・水濡れ等の保証付き)」を追加で購入した場合、下記のようになる。

  • 自然故障:2年(メーカー標準保証期間1年+本サービスの延長保証1年)
  • 突発的な事故:2年(本サービスの事故保証2年)

バッテリー容量低下などは自然故障に含まれるようで、代替品と交換してくれるそう(新品なこともあるがほとんどは再生品)。逆に使用者の過失で落としたり画面を割ったりしたときは事故保証が適用され、これは2年間で1回のみ代替品と交換とのこと。

Kindleが電池ビックリマークが表示されて動かないとき

これも余談だが、Kindleでは頻発するので覚えておくとよい。

PCにUSB接続し満充電後、20秒ほど電源を長押しし再起動を行う。再起動後も電池マークなら充電不足。USB充電時に電源ボタン横のランプがオレンジに光っていると良いみたい(これはリセットボタンではないので注意)。電源長押ししなくてもUSB充電状態で放置してたら復活することが多い。

https://answerbox.me/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/kindle%e3%81%ab%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%a8%e3%83%93%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%81%9f%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%ae%e5%af%be%e5%87%a6%e6%b3%95/

参考サイト

譲渡にあたり名前と住所を伝えないといけないという記事もあったが今回は不要とのことだった。

https://ameblo.jp/l-b-bird/entry-12532857874.html

0
Share meee !!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です