iPhoneとMacのメールソフトでアーカイブもすぐ同期する方法

Macでメールを整理(既読・アーカイブ・削除)したのに、しばらくしてiPhoneのメールソフトを開くと「あれ、これさっき読んだじゃん」ということが多い。それが解決できたっぽいが、正直はっきりした自信がないので詳しい人、教えてほしい。

Macのメールソフト設定

Gmailの場合で説明する。

メール>環境設定>アカウント>メールボックスの特性

上記にて「アーカイブメールボックス」が「[Gmail]/すべてのメール」になっているか確認

iPhoneの設定

設定>パスワードとアカウント>Gmail>アカウント>詳細>メールボックスの特性

上記にて削除済メールボックスやアーカイブメールボックスがサーバ上の「すべてのメール」になっているか確認。

データの取得方法を確認(プッシュとフェッチ)

設定>パスワードとアカウント>データの取得方法

まずプッシュはサーバーからリアルタイムで通知する、まさしくプッシュ通知。ただiCloudのメールくらいしか対応していないし、電池をよく食う。

Gmailはフェッチになっているはずだが、下の方のフェッチの項目が「自動」になっていることを確認する。

下の方に「このiPhoneは、電源とWi-Fiに接続されている場合にのみバックグラウンドで新規データを取得します」と書かれているが、これは「電源とWi-Fiに繋がっているときにしかメールを受信できない」という意味ではなく、「フェッチだけどプッシュのように早めにデータ取得できるよ」という意味らしい。

これらの設定が問題ないのであれば、MacでアーカイブしたメールはiPhoneでメールソフトを開いた時に自動でアーカイブされる(同期される)ようになった‥ようである。

ちょっと自信がないので、これであっているか、また別の方法があるのか知っている人がいたら教えてほしい(泣)

参考文献

https://news.mynavi.jp/article/20180217-ipadiphonehacks/

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です