JR-EASTとモバイルSuicaの連携時にエラーが出るとき

少し前にApplePayにモバイルSuicaを導入し、家計簿アプリZaimに連携する話を書きましたが、生活用と通勤用で2枚登録していたSuicaのうち片方を払い戻し(削除)したら、JR-EASTとモバイルSuicaの連携が切れてしまい、再連携するのにハマったので記事を書きます。

ZaimとApplePayに登録したSuicaを連携する!

結論

私の場合は、JR-EASTのサイトにて、モバイルSuicaを連携するために必要なID/パスワードのうち、「SuicaID番号の方を入力していたから」エラーとなっていたのでした。iPhoneのモバイルSuicaアプリで、各Suicaの情報を確認できるのですが、SuicaID番号でなく、Suica識別IDの方を入れなければならなかったことが原因でした。

前提

まず前提として、JR-EASTとモバイルSuicaそれぞれのID/パスワードを使ってログインできることが前提です。

JR-EASTのIDは独自の英数字、モバイルSuicaは「携帯情報端末のメールアドレス」でログインできます。モバイルSuicaのパスワードはモバイルSuicaアプリから変更が可能です。

もしそれぞれのサービスでログインできない場合は先にそちらを解決してください(ちなみに、本来の連携の機能としては、どちらのサービスにも、どちらかのID/パスワードだけでログインできるようになる、というものですが、下記の方がブログで書かれているように果たして便利なのか疑問です。https://ameblo.jp/silvsnowmemo15/entry-12078585900.html

またなぜJR-EASTとモバイルSuicaを連携するのかというと、zaimやマネーフォワードにモバイルSuicaを追加する場合、「通常版」と「JR-EAST版」の2つを選べますが「通常版」で自動更新のたびにエラー&画像認証が必要なためJR-EASTのアカウントを作って「JR-EAST版」を使うのがベストなのです。

問い合わせ窓口も役立つ情報も皆無

半分愚痴ですが、JR-EASTのサイトの案内では「よくある質問にてエラーコードで検索して」としか案内がなく、問い合わせフォームもないため結構不親切です。「よくある質問」の「ID連携できない」の項目を見ても「ID連携とは?」とか、「ID連携するには各サービスでのログインID/パスワードが必要です」と言った連携のやり方が書いてあるだけで、それをやった上でできない場合の解決策を知りたいこっちとしては「だからそれでやって出来ないからこのページを見てんだよ!」と声を荒げてしまいます。

もし可能なら「Suica識別IDでなく、SuicaID番号を入力していませんか?」とか、よくある間違いを記載してほしい。よしご意見・要望にあげときます。

エラーコードをよく見て

なぜ原因に気付いたかというと、メールアドレスで連携しようとした時と、Suica識別IDでログインしようとしていた時のエラーコードが微妙に違っていたからです。

メールアドレスの時は「エラーコード:073006(ログインID/パスワードが間違えている)」、Suica識別IDで連携しようとした時は「エラーコード:073009(テキストに使用できない文字が含まれている)」となります。そこで、「コピーしている項目が違うのでは?」と気付けました。

こういった不親切で少ない情報でも、コンピュータが出す僅かなヒントが含まれているので、丁寧に向きやってやらねばなりません(←誰。

その他の注意点

それでも解決しない場合、JR-EASTの注意文にある「iPhoneの自動入力を使うとエラーの原因になる」という説明を考慮して、IDとパスワードをそれぞれ手打ちしてみるとかが、問題を解決する一助となるかも知れません(エンジニアの世界ではこういった調査・修正をデバッグと呼びます)。自動入力でなくコピー&ペーストもエラーの原因になり得るかは不明ですが、少なくともモバイルSuicaアプリのSuica識別IDは長押しでコピーでき、それを貼り付けて、パスワードを入れたら無事に連携できました。

あとがき

「携帯情報端末のメールアドレス」でログイン失敗していたのは原因不明でしたが、Suica識別IDが「メールアドレス_1」という形態だったので、もしかすると普通はモバイルSuica識別ID=メールアドレスなのに、私だけ変なのかもしれません。

1+
Translate »