代表的Webサービスのユーザー数の一覧(ざっくり)

日本一のWebサービスとは何か?

日本一のWebサービスを作りたいと思ったときに、日本一を何を持って定義するかと言うと、やはりユーザー数だと思った。

DL数、売上などの指標もあるが、「どれだけ多くの人のプラスの影響を与えているか」が大切だと思うからだ。

日本発の代表的Webサービスのユーザー数

「Webサービス ユーザー数 一覧」でググっても、誰かがまとめてくれているようなページが出て来なかったので、本当にざっくり適当に調べてみた。

サービス名ユーザー数MAU ※ダウンロード数
メルカリ1,300万
クックパッド193万
ZOZOTOWN600万
ヤフオク!1,500万
AbemaTV950万
アメブロ40万
Progate10万
Schoo20万
価格.com
ポケ森500万600万
モンスト170万
ポケモンGO1,000万
Smart News3,000万
zaim400万750万
Y!乗換案内
なみある?50万
Qiita
note
teratail
Wantedly
CROSS ME
Pairs500万
タップル300万

※MAU:月間アクティブユーザー数

世界的なWebサービスの日本人ユーザー数

サービス名ユーザー数(国内)MAU(月間アクティブユーザー数)ダウンロード数
Amazon
DropBox
Evernote
Youtube
LINE7,300万
Instagram2,000万
Facebook2,800万
Twitter4,500万
Spotify
Slack

シェアリングエコノミー系のサービス(国内)

サービス名ユーザー数MAUダウンロード数
AirBnB
Uber –
カレコ
メルチャリ

考察

ユーザー数といっても、実際には1人複数アカウントあったり、再登録による重複が入っている(つまり延べ人数である可能性が高い)だろうが、ざっくり言ってSNS系なら3,000〜5,000万人、EC/オークション系なら1500万人、マッチング系/ゲーム系なら500万人、eラーニング学習とかなら30万人いけば良い方くらいなイメージ。

日本人1.27億人で、パソコンやスマホを使う世代(10歳〜65歳)としたら8,000万人くらいがWebサービスのターゲットだろう。

そう考えるとSNS系はやばい・・・。2人に1人は利用している計算になる。やっぱりどんなサービスかによるが国内で1,000万人に使われるWebサービスになれたら、「日本一のWebサービス」と呼ばれるだけの影響を社会に与えられる可能性があると思う。

年齢3区分別人口(1,000人)
0~14歳
(年少人口)
15~64
(生産年齢人口)
65歳以上
(老年人口)
15,78076,56234,591

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/

参考URL

https://techwave.jp/archives/tapple-strikes-3mil-members-interviews-02.html

https://jp.techcrunch.com/2017/01/23/eureka-pairs-5m/

Zaim 500万ユーザに向けて from Wataru Nishimoto

https://www.valuesccg.com/knowledge/report/marketing/039/

https://www.valuesccg.com/knowledge/report/marketing/034/

http://monst-sokuhou.blog.jp/archives/1069519569.html

https://jp.techcrunch.com/2015/12/24/schoo-premium/

https://jp.techcrunch.com/2017/08/10/cookpad-2017-2q/

https://ameblo.jp/1414140304/entry-12355738070.html

https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

http://thebridge.jp/2016/11/progate-surpassed-100k-users

https://lab.appa.pe/2017-05/zozotown2.html

https://jp.techcrunch.com/2017/10/27/cyberagent-financial-results/

http://jaykogami.com/2017/06/14107.html

1+
Translate »