LIFFでリンクを開く方法

基本は公式リファレンスなどに従て欲しいけど、実際curlなどを使ってターミナルからチャネルアクセストークンを設定したりする必要はなく、LINE Developers の管理画面でポチポチするだけで、「リッチメニューを押してどこかのサイトを開く」という実装をできる。

エンドポイントURLはどんなサイトでもよく、https://google.comだろうと他人のブログ記事だろうと指定するだけで良い。

あとはLINEアプリのリッチメニューの設定をリンクにして LIFF URL を指定するか、直接メッセージで LIFF URL を送りそれをタップしてもらえばWebサイトが開く。

ちなみによくherokuでデプロイ(WebサイトやWebサービスが実際に見れて使えるようにサーバーにアップすること)することが多いが、静的HTMLであれば GitHub Pages を使ってHTMLをアップするだけの方が簡単そうだし速度早そう(herokuデプロイしたRailsのサイトは5秒くらいかかる…)。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です