お名前.comレンタルサーバーでは EWWW Image Optimizer によるWebP変換ができなかった

EWWW Image Optimizer をインストール後に以下のエラーメッセージが出現し、WebP変換ができなかった。ググってyumコマンド(Yellowdog Updater Modifiedというパッケージ管理ツールのコマンド)でソフトをインストールしようとしても、そもそもssh接続ができない…。

EWWW Image Optimizer は jpegtran, optipng, pngout, pngquant, gifsicle, and cwebp を使用します。 webp がありません。設定ページ と インストール手順 をインストールしてください。

日本語がおかしいので翻訳前の状態にしてみると以下だったはず。

EWWW Image Optimizer use jpegtran, optipng, pngout, pngquant, gifsicle, and cwebp. You are missing: webp. Please install via the Settings Page or the Installation Instructions.

他の人はjpegtran, opting, gifsicle がないと言われていたが、私の場合はwebpがないとだけ言われている。

ssh接続しても以下エラーとなり、調べるとMacがHigh Sierraになってからは古い仕様のサーバーには接続できなくなったようでそれが原因のようだった。

ssh_dispatch_run_fatal: Connection to XXX.X.XX.XXX port 22: Operation timed out

代替策

どうしようもないので PageSpeed Insights の提案でも一番最初に紹介されていた『Imagify – WebP & Image Compression and Optimization』プラグインを利用してみる。

手動で.htaccessに記述を追加してやるとどうやら認識はしてくれたっぽく、アカウント登録後にもらえるAPIキーを使って貰ったクレジットで一括最適化(Bulk Optimization)を行った。

ただし数十ほどの画像しかないもののクレジットを即使い切って全部を最適化できなかったので、残りは他プラグインや手動でTinyPNGで最適化し、その後XnConvertでwebpに変換してアップロードという面倒な手順を踏まねばならない。

結論

GMOのサーバーなんか使わずにエックスサーバーを使おう。

0